2018
03.21

えっ!? 都心より西側で雪降ってる……


 何気にウェザーニュース見てたら、「横須賀で6センチ」だって!?
 なぁ~んかビックリ。

 ウェザーニュースのウェザーリポートを見ると、どうも山手線の西側から向こうが雪になっているみたいですね。
 こっちもこれから降るのかなー。イヤだなー。

 ちなみに外気温計ったら6度。
 てことは、上空までは雪って可能性もあるのかー。
 雨は明日の朝方まで降るらしいから、もしかして明日の朝は白くなってるとか?

 ただ、雪降る前によくある、やたらと背中がゾクゾク寒くなるあの感じはないから雨!(笑)
 雨ったら、雨!(いや、晴れでも全然OK)

 しっかしまぁそれもこれも含めて春ってことさぁーねぇ……



 
 同じ音を何度も繰り返すとこが「春」だなぁ~って(笑) とはいえ、ニュージーランドはこれから秋だぁ~ねぇ~



Comment:4  Trackback:0
2018
03.21

大西郷をぶん殴る(笑)


 なぜか中国に美術品の買い付けに行っていて、偶然、現体制政治家(日本の?)のスキャンダルを撮影してしまう。
 そのことがきっかけで、反体制組織の手伝いをすることになった私(爆)
 最初の任務は現体制のスキャンダルを写したフィルムをDPE屋さんに出すこと。
 って、いつの時代の話なんだ?

 DPE屋さんを出ると、反体制組織のクルマ(といってもタクシー)が待っている。
 後ろのドアが開いたので、乗り込むと、そこに座っていたのは、組織の大幹部西郷隆盛!
 って、いつの時代の話なんだ?

 西郷さんは、DPE屋さんの「引き換え証をよこせ」と言う。
 とはいえ、私は大久保利通から私自身が現像した写真を取ってくるよう言われてたので、「ダメです」と言う。
 すると、いきなり怒りだした西郷さん(笑)

 腕を私の首に巻きつけて、引き寄せ、受け取り証を「よこせ」「よこせ」と乱暴し放題。
 なおもダメだと言っていると、西郷さん。今度は千枚通しを出して、なら、こうしてやるとプスプス刺してくる(コワっ)。
 ヤバイと、運転手さんに「110番してー!」と叫ぶと、後ろでサイレンが鳴る。

 見れば、いつの間にかすぐ後ろにパトカーがいて、クルマは停められる。
 「大丈夫ですか」とパトカーから出てきたのは、なんと!(というより、なぜか)iPs細胞の山中伸弥博士(ちなみに私服刑事役)。
 「こいつが千枚通しで刺すんです!」と西郷さんを指さす私。
 「え、あ、うん。だから…」とうろたえている西郷さん。

 しらばっくれてんじゃねーよ!と。
 つい、西郷さんの顔にパンチをお見舞いしちゃうた私(笑)
 その場に転がっちゃった西郷さんを、ついでとばかり蹴っ飛ばすと、山中刑事が「まぁまぁ」と止めに入る。

 反体制組織は幹部がどうもバカらしいと悟った私は、その場で体制側に鞍替えすることになって、めでたし、めでたし(笑)


 しっかし、夢の内容はともかく、出演者がここまで豪華(だけど内容はアホバカな)な夢って珍しいかも(笑)
 西郷隆盛に大久保利通(ちなみに命令だけの出演)、さらには山中伸弥博士(忙しいところスミマセン)まで出てくる夢って、そうそうないんじゃないかって。

 ていうか、こうして文章にしちゃうと、するっとこんな夢だったって話になっちゃうんですけど、実は前段があって。中国に美術品を買い付けに行く辺りがもっと長いんですよね。
 女性の上司と一緒に行くわけですけど、その会話や何やらゴチャゴチャ色々あったんだけど憶えてない。
 その上司はDPE屋さんに行く時も登場してたんですけど、そのDPE屋さんのあるショッピングモールみたいな所が、いわゆる最近の日本にあるようなやたらピカピカした建物ではなくって。いかにも東南アジアの都市にありそうって感じの、古いコロニアルな建物の回廊だったりとか。

 にもかかわらず、山中刑事が乗っていたパトカーは日本の普通のパトカーだったり、何よりDPEってホントいつの話なんだか、どこの話なんだかな夢でした(笑)



 

 偉い人や大成した人は、よく「夢は叶えるもの」なんて言います。
 でも、下々のたんなるアホバカからすると、“夢は見て楽しんで、自分のアホバカぶりを悟るもの”って、気がします(爆)




Comment:4  Trackback:0
2018
03.11

春めいてきたり、3月11日だったり


 いやはや。
 なんだか、やっと春めいてきましたね。
 スーパーに行ったら、やたらデカっ!なカリフラワーが売っていて。
 買おうかなーと思って見たら、429円なんで。後ろ髪ひかれる思いでやめました。 ←カリフラワー好き

 しかし、やたらデッカイカリフラーで。
 ま、カリフラワーって、デカい時と小さい時で極端に違いますけど、あれはデカい時のさらに2まわりくらい大きかったんですけど、あれはここ最近急な暖かさで農家の人の収穫予定より成長しちゃったんでしょうね。
 てことは、今週は20度くらいの日が続くらしいから、今週末辺り野菜価格大暴落とか?(笑)

 ていうか、昨日は都内にいたんですけど、都内の外国人タウン辺りの八百屋だと中国産のキャベツが180円で売ってるんですね。
 そんなの見てると、日本の野菜の価格って何なんだろう?と思っちゃうのは確かですね。
 外国人は「日本は果物が高すぎる」って言いますもんね。
 ていうか、私自身も日本産果物は高すぎて買う気が全く起こりません

 消費者としてはTPPでどうなるかなーと、もぉこの際ワクワクってとこなんですが、まー、それはさておき(笑)



 昨日は都内にいたというのは上にも書きましたけど、公園に1本だけ桜が咲いてました。
 夕方で空気こそヒンヤリでしたけど、夕方の太陽の柔らかい色合いはもぉ完全に春って感じでしたねー。

   2018桜③



 とかいって、昔から春は苦手(花粉症じゃなくて、情緒的に苦手なのね)なんですけど、まぁ今年はなぁ……。
 いっそ早いトコ初夏になっちゃたらいいのになーとか思っちゃいます(笑)

 そうそう、春といえば、金曜の朝ですよ。
 木曜の昼間はえれぇー寒かったのに、夕方から春の嵐で。
 そんなわけで金曜の朝、起きたらビックリでした。

 というのも、カーテンを開けたら窓の外側が全面結露!
 真夏に夕立が来た時、一時的に窓の外が結露するというのは時々ありますけどねー。
 あそこまで窓が結露してるというのは珍しいような?

 というか、もっと驚いたのは玄関の戸を開けた時でした。
 玄関の戸の外側から、(雨があたらないはずの)外壁やコンクリートの床まで、もぉびぃーーーっしょり!
 と、なんだかまるで雨季の熱帯雨林みたいな光景で……。

 と、思ったら夜は夜で今度は窓の内側が全面結露(それこそ、窓の上までビッチリ!)。
 一日でこんなに極端な温度変化にさらされて大丈夫か、窓!?とか思っちゃいました。



 そうそう!そういえば、最近の学生マンションって、家賃55000~77000円、さらには73300~89800円(どちらも共益費別)なんてーのがあるんですって!
 もちろん、学生が住むピンからキリまであるうちの「ピン」の一例ではあるんでしょうけどね。

 ただねー。働くようになってからもその生活水準を維持できるんなら、それもいいと思うんですけどー。でも、今のご時世じゃそれは難しい可能性が高いわけじゃないですかー。
 今の世にある(特に若い世代に強い)閉塞感って、そんな風に企業が子供や学生をお金儲けの種にしちゃうことで、親が必要以上にいいい暮らしをさせちゃうからなんじゃないのぉ~って思うんですけどどーなんでしょうね。
 人間、誰だって、将来は今より良くなると思えれば前向きになれるけど。でも、将来は今より悪い(働くようになったら、今より悪い暮らしをするしかない)となったらやる気がなくなっちゃう方が当たり前だと思うけどなー。

 なんだかんだ言っても世の中が豊かだから、世間が思いやってくれるから今んとこはまだいいけですけど。でも、本来は(20歳を過ぎたら)思いやらなきゃならない側ですよね。
 ま、あんまり人のこと言えないトコもあるんだけどさ(爆)
 でも、なぁ~んか変なの(笑)


 なぁ~んか変なのっていえば、突然決まった(ように見える)米朝会談ですね(笑)
 米朝会談って言っても、かの桂米朝が会談するんじゃーないわけですが、しかし、トンプラさんと金ちゃんが会ってお話するのはまぁいいことなんでしょうけどね。
 ただ、金ちゃん、トンプラさんの前でビビっちゃわないんだろーか?(笑)
 金ちゃん、ストレスによる胃潰瘍で会談中止なんてことがならないようにねwww


 って、今日は3月11日なんですねー。
 ウチの辺り、今日はずっとうす曇りだけどそんなに寒くもない、いかにも春先って天気だけど、あの日は朝から冬晴れだけど風が冷たい寒い日だったなぁ……



Comment:6  Trackback:0
2018
03.04

「自転車のキィーを抜いても、気を抜くな」ぁ?


 行政が管理してるらしい自転車(&バイク)置き場にのぼりあったので、何の気なしに見たんです。
 そしたら。

 自転車のキィーを抜いても、気を抜くな



 ………………………………………………………………
 ………………………………………………………………
 ………………………………………………………………。

 うーん。
 考えても、考えても、何を言いたいんだか、さっぱりわからん!(爆)


 まぁーね。「気を抜くな」と言ってるのはわかるんです。
 たぶん、「自転車をここに停めた後、気を抜いちゃダメだよ」と言いたいのでしょう。

 でも、何で気を抜いちゃいけないのか?
 気を抜いちゃダメな理由、つまり、何に注意したらいいのか、さっぱりわからないと(笑)

 ていうか、自転車のカギ(キィー)を抜くって言う?
 自転車は、カギをかけるだよなー(笑)
 数字を合わせるカギを使ってる人はどーしろって言うんだよ!www




 気を抜いちゃダメといえば、蚊っていうのは、叩こうとした人を覚えて避けるくらいの賢さはあるんだとか。
 http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/012900040/
 *ナショナルジオグラフィック


 って、えぇー、そぉ~かぁ~!?
 叩き殺し損ねた蚊って、普通に何度も襲ってくると思うけどなぁ…。

 パチン!とやると、慌ててカーテンの辺りとか逃げるから、そこでまたパチン!
 テーブルの下辺りに逃げたのを、パチン!パチン!パチン!と連続攻撃。
 って、どんだけ逃げられてるんだ?www

 とはいえ、蚊の方もも低いトコを飛んでるとヤバイと気がつくのか。
 今度は上に行っちゃうもんだから、大概は蛍光灯の上辺りで見失っちゃうと。

 いや。天井でウシシとばかり跳ねてるのを見つけたりもするんですけどねー。
 蚊といえば夏なわけで、夏といえば暑いから、さすがにそこまではねー。
 しょうがないから、TV見てると、耳元でプーンと音がしたり、視界にもさっとした姿が入ってきたり……

 あれは絶対同じ蚊だと思う!(爆) 



 とはいっても、蚊に名前はついてないわけで、同じ蚊かどうかはわからないわけですが、ま、名前といえば、TVを見てたら、「なぜか憧れる名字(全国1000人のアンケート)」というのあって。
 それによれば、

 1位.西園寺
 2位.早乙女
 3位.橘
 以下、伊集院、白鳥、綾小路、藤堂、道明寺、二階堂、武者小路、勅使河原なんだとか。

 結局、ニッポン人って、金持ち趣味というか、京都コンプレックスが相当だよね、というかー(爆)
 武者小路という名字を持つ人(武者小路実篤の子孫)も出てきて言ってましたけど、上記のような名字だと名前を書くのが面倒くさくて、絶対イヤだと思うけどなー。
 それこそ、小学生の時なんか、苗字の文字が複雑だから習字で名前がやたらデッカクなっちゃうから。習字の成績が悪くなって、コンプレックスになると思う(笑)

 ていうか、上のような名字で学校の成績わるかったら、先生や友だちから「名前はカッコイイのにねぇー(笑)」絶対バカにされると思う(爆)

 ていうか、ていうか、これらの名字って、お話つくる時の登場人物の名前の参考になるかも!
 田中、鈴木、佐藤みたいな名字の眉目秀麗(あるいはちょー美人)な探偵が犯人を指摘したら、それは西園寺だとか、伊集院、道明寺みたいな名字のヤツ(しかも、ちょー極悪犯!)だった、みたいなー(笑)
 



 で、まぁバカといえば、先週(先々週の土曜日)ですよ。
 八百屋に行ったら、なんと「キャベツ500円!」 

 キャベツですよ、キャベツ!
 500円のキャベツって、どんなお大尽さまが買うんだ?(笑)
 ていうか、そのキャベツとトンカツ並べたら、どっちが付け合わせになるんだろう!?

 今週(先週末)は、まぁ落ち着いてきた(といっても、まだ高い)んですけどねー。
 なんか、こう、高い理由として、低温や雪とか言ってるけど。
 1月にやたら高くしてそれでも買う人がいるもんだから、農家も、卸も、小売りも高い価格で様子見てるって気がしてしょうがないんだけどなー。
 2000年代に初め、日本の家電メーカーが差別化するのに「高付加価値」とかいって価格の高い商品ばっかり出して、結局、軒並み新興国メーカーの低価格品にごっそりシェアを持ってかれたように。
 スケベ根性出して、ブランド野菜とかばっかに力入れてると、いつか消費者からそっぽ向かれることになると思うんだけどなぁ…。
 節約するとしたら「食費」と大概の人が答えるってコトは忘れたらヤバイと思う




 とはいえ、寒い!寒い!と言っていた2月も終わって、いよいよ3月。
 冬が寒い年は夏が暑いっ!とよく言うわけで、これからは今まで高かった分も安くなるのかな?(笑)
 て、まぁそれより何より、1年ってぇヤツは2月が終わるとラストスパートかけてくるから。
 他に文句言うより、まずそっちですかね(笑)




Comment:6  Trackback:0
2018
02.25

♪彼が帰ってきた~

Category: R&R

 いやー、『帰ってきたヒトラー』(ティムール・ヴェルメシュ著)。
 いやもぉコレ、読んでいて、変に楽しい!楽しい!(爆)

   帰ってきたヒトラーIMG_3363


 そもそも知ったのは、レンタルした何かのDVDに映画の予告が入ってたからだったんですけどー。
 https://www.youtube.com/watch?v=I4a5XgNT6vQ

 予告編を見ると単純にコメディータッチで面白そうって感じだったんですけど、原作の方は興味深い方の“面白さ”って感じかな?
 ていうか、ついニヤニヤしちゃう“興味深さ”?(笑)

 ドイツ人によるヒトラーの「再考」なんでしょうね。
 あくまで「再評価」ではない。再評価するかはしないかは読者次第www

 ヒトラーがなぜか現代のドイツに現れるんだけど(タイムスリップ?)、姿形から言動までそのまんまのそのヒトラーを見て、みんなそれをコメディアンだと思い込んじゃう。
 最初に面倒を見てくれた新聞スタンドのオヤジさんが、いわゆる人のいい善人、つまり、どこにでもいる普通の市民で。
 ヒトラーそのまんまのヒトラーをこの男の姿形言動は“新しい笑いなんだ”と、(相手を理解しようという善意に基づく)曲解をたのに始まって。
 そのスタンドのオヤジさんがお客のTV局のスタッフ(やっぱり普通の市民)に紹介すると、今度はTV局のスタッフも、ヒトラーの言う“トゲ”の部分を、かねてからある自分たちの潜在的は不満を大っぴらに口にしちゃう“笑い”なんだと曲解しちゃうと。
 結局、これは絶対ウケると、ヒトラーはコメディアンとしてデビューしちゃうわけです。

 とはいえ、コメディアンと言っても、言ってることは全くヒトラー(笑)
 でも、スタンドのオヤジさんが善意に基づいて曲解しちゃったように、TV局のスタッフが自分たちにあった潜在的な不満を言ってしまう可笑し味に、しかもそれがあの“ヒトラーのそっくりさん”が言っちゃうという可笑しさに、現代の普通の一般市民、特にユーチューブなんかを楽しんでる若者層にバカウケしちゃうと(笑)

 そのヒトラーの“マジ”を現在の恵まれた社会で暮らしている市民たちが無意識に相手を理解しようという善意に基づいて“曲解”しちゃう流れがミョーにニヤニヤしちゃうんですね。
 それが端的に表しているのが、TV局のスタッフが「ユダヤ人ネタは(シャレにならないから)やめてね」と言うと、ヒトラーは「もちろん。ユダヤ人はジョークにならない」と返すシーンなんでしょう。
 そして、たぶんそれは(今の経済的に豊かな時代とヒトラーが出てきた経済が最悪だった時代という違いはあるにせよ)あの時代、ヒトラーは何より一般市民にバカウケしたということと重ね合わせているのでしょう。

 そんな風に見ていくと、ヒトラーって、歴史上の人物(政治家?)というよりは、あの時代のポップスターだったのかもしれないなーと思っちゃったり(笑)
 実際、ヒトラーの演説はビアホールでお金払って見られてたんだとか

 そう。マイケル・ジャクソンとかプリンスといったポップスターが人気の絶頂を極めた後、急に変な言動をしたり、変にオタクな方向に突っ走って。
 あげくの果てに(クスリで)寿命を縮めちゃうのと、どこか似てる気がします。
 ポップスター(大物になればなるほど)が一般市民(若者に)にはわかりやすくて、理想的なんだけど、でも実際はダメダメな政治論を歌うという点でも、ミョーにダブりますよね(爆)
 ま、マイケル・ジャクソンやプリンスは政治は語らなかったけどさ

 ヒトラーという人は、人種差別(というかアーリア人種絶対主義?)という絶対に受け入れられない部分はあるにせよ、日本人の私なんかから見るとミョーに憎めない部分もあったりするわけですがー(笑)
 ガミラス帝国とか、ジオンとか。ほら、アナタも好きでしょ?(爆)

 ま、それは子供の頃にドイツ軍の戦車のプラモデルをさんざん作ったとか、例の戦後にドイツ人と出会うと「今度はイタリア抜きでやろうな」と肩を叩かれるという都市伝説とか(笑)
 ウチの親父は昔ドイツ人にそう言われたことがあったとかで「あれってホントだったんだ」と驚いてたっけ

 あとは、そもそもは英仏とドイツ帝国の植民地争いに根本があるわけだよね?みたいな、英仏やアメリカ、さらにはロシアといった連合国(中華人民共和国も連合国なの?)への不信感からくるドイツへの同情みたいなものがあるんでしょうけどねー。

 それはありつつ、この本を読んでいると主人公のヒトラー(ちなみに全て現代に現れたヒトラーのモノローグになっている)にミョーに肩入れしちゃうのが面白いところですね。
 もちろん、人種差別(アーリア人種絶対主義)的な語りには絶対同調しないんですけどね。
 そこはアジアの雑種たる日本民族なんでー(爆)

 ただ、(この本のヒトラーはフィクションですが)あー、ヒトラーって、無茶苦茶真面目な人だったんだなー。こういう真面目さっていうのは、今の政治家にはいないのかもしれないなー。特に日本の政治家だと皆無なんじゃない?と思っちゃうところとか。
 あと、ヒトラーが既存の政党の党首(実在の人らしい)2人と話をして、2人の政治に対する欺瞞とか不真面目さをこてんぱんに叩いちゃうところとかに(水戸黄門的な痛快さ)を感じちゃうからでしょうね(笑)
 いやはや。そーいう意味じゃ、フィクションとはいえヒトラーの言動に酔っちゃってるわけで、そこはちょっとコワいかも?(爆)

 とはいえ、これはあくまで「ヒトラーの再考」本なわけですよ。
 つまり、作者がラストを“「悪いことばかりじゃなかった」。歩き出すのだ。このスローガンとともに”というヒトラーのモノローグで終わらせているように。
 この本のヒトラーに共感しちゃってる自分に「ちょっとコワいかも?」という、「ヒトラー=絶対悪」に基づく感想を述べてしまうのは、あの時代にヒトラーの演説に酔った人たちがあのようなことをやってしまったのと同じということだと思うんですよね。
 そこんとこは結構大事なコトのよーな気がする

 この本を単純に言っちゃうと、現在のドイツにヒトラーが現れた(タイムスリップした)ら、ヒトラーは何を思うのか?何をするのか?ということになるんでしょうけどね。
 ただ、それを期待して読んじゃうと、なんかビミョーに違うんですよ。
 実際、映画の予告編を見た時はそれを期待した

 そういうトコを見ても、作者の意図はあくまで「ヒトラーの再考」なのだと思いますね。
 (たぶん)現在のドイツ人に流通している「ヒトラー=絶対悪という思想」を絶対的に信じ混んじゃっていることは、逆にあの時代のヒトラーを国民が絶対的に称賛したのと同じ構造で。
 具体的にヒトラーの何が悪くて、さらに何は良かったという風に改めて整理しなさいよ。じゃないと同じ轍を踏むよ、ということを言いたいのかなーと(笑)

 つまり、第三帝国によるヨーロッパ支配は失敗したけど、でも、「EU」の名の下でドイツ(の価値観)がヨーロッパを支配しつつあるこの時代。
 ですよね?(爆)

 作者は、イギリス(人)がEUにどこか胡散臭さを感じて、EUを離れる決断をしたように、浮かれていると(ドイツは)また足をすくわれるよ、と言いたいんだったりして(笑)



 ヒトラーというのは、基本的には真面目で善意に基づく人、つまりどこにでもいる小市民だったように思いますね。
 ただ、芸術を志しただけあって、変な美意識があったのと。あとは、なんと言っても時代が悪かった。悪すぎた。
 欧米の列強かアジアやアフリカを植民地として蚕食するのが正義だったり、蚕食する植民地をめぐって列強が戦争するのが普通という時代(の第一次大戦で敗戦したドイツに)生まれ育ったことで、挫折や鬱屈が変な美意識を醸成させていったみたいなとこがあったんじゃないでしょうか。
 そう考えると、ヒトラーといえども、あの時代が次の時代をつくるために踊らされたという面も相当あったように思いますね。
 それこそ今の時代にヒトラーが生まれ育ったとしたら、クソ真面目でちょっと付き合いにくいとこもあるけど、でもまぁフツーのオジサンとして普通に暮らしてるんじゃないでしょうか?

 『帰ってきたヒトラー』は、現代に現れたヒトラーが人気コメディアンになって。その後、意外な事件が起きたところで唐突に終わります。
 作者がそこで終えたのは、まぁそこで終えて。読んだ人がそれぞれその後のヒトラーの活躍を想像した方が面白いと思った(本の売り上げが上がるwww)からなのでしょう。
 ある人は、政界に進出したヒトラーがまたかつてのようなことをする暗黒を想像して楽しみ。ある人は、ヒトラーというのはバカじゃないんだから、今の時代ならむしろ既存の政治家より良い政治家になるんじゃないだろうかと想像して楽しむ…。
 ね、その方が面白いでしょ?みたいな(笑)

 そういう意味じゃ、じゃぁヒトラーが現れたのがドイツではなくて、この日本だったら?と思っちゃうわけです。
 ま、ヒトラー本人はアーリア人絶対主義なわけで、アジア人の雑種にすぎない日本人の国で暮らすなんてウンザリでしかないでしょうけどね(爆)
 ただまぁヒトラーがその気になったら、真面目で善意に基づく人が多く、さらにそれらの人の多くが今の世の中に不満を抱えている今の日本(人)は相当ヤバイのかもなーなんて。

 例の秋葉原の事件みたいな「生きてたくないけど自殺するのは怖いから大きな事件を起こして死刑になりたい」みたいな人が起こす事件はあれからも結構起きてるわけです(もちろんその前からも)。
 そういう気持ちがある潜在的な人も相当数いるはずですよね。
 それらの人がヒトラーの演説によって鬱憤の矛先(不満を起こしている正体)を見つけてしまったらどうなるのか?
 実際、今の普通の日本人なら誰しも、漠然とながらもその矛先(不満を起こしている正体)が何なのか知っているわけじゃないですか。さらには、ヒトラーが持っていたような変な美意識も今の日本人の多くが共有しているわけです。

 いや。正体といっても、それは“わかりやすい正体”にすぎず、ホントにホントの正体(原因)は、私たち日本人そのもののなんでしょうけどね。
 ただ、(それが自分たちであるだけに)不満の矛先を向けられなにがゆえに、“わかりやすい正体”に不満の矛先を向けちゃう(かもしれない)構造というのは、あの時代、ドイツがユダヤ人に矛先を向けたのと全く同じなわけです。

 そう考えると、ヒトラーが帰ってきたら、今の(いろいろ上手くいっている)ドイツは大して変わらないけど。
 今の日本だと、たちまちヒトラー一色に染まっちゃって。
 朝の挨拶が「ジーク、ハイル!」
 なぁ~んて(笑)
 誰です? ジオンみたいでカッコイイじゃん!なんて言ってる人は?(爆)



  

       いや。これでこれって、いくらなんでも短絡的だとは思ったんだけどさー(爆)



Comment:8  Trackback:0
back-to-top