--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018
02.25

♪彼が帰ってきた~

Category: R&R

 いやー、『帰ってきたヒトラー』(ティムール・ヴェルメシュ著)。
 いやもぉコレ、読んでいて、変に楽しい!楽しい!(爆)

   帰ってきたヒトラーIMG_3363


 そもそも知ったのは、レンタルした何かのDVDに映画の予告が入ってたからだったんですけどー。
 https://www.youtube.com/watch?v=I4a5XgNT6vQ

 予告編を見ると単純にコメディータッチで面白そうって感じだったんですけど、原作の方は興味深い方の“面白さ”って感じかな?
 ていうか、ついニヤニヤしちゃう“興味深さ”?(笑)

 ドイツ人によるヒトラーの「再考」なんでしょうね。
 あくまで「再評価」ではない。再評価するかはしないかは読者次第www

 ヒトラーがなぜか現代のドイツに現れるんだけど(タイムスリップ?)、姿形から言動までそのまんまのそのヒトラーを見て、みんなそれをコメディアンだと思い込んじゃう。
 最初に面倒を見てくれた新聞スタンドのオヤジさんが、いわゆる人のいい善人、つまり、どこにでもいる普通の市民で。
 ヒトラーそのまんまのヒトラーをこの男の姿形言動は“新しい笑いなんだ”と、(相手を理解しようという善意に基づく)曲解をたのに始まって。
 そのスタンドのオヤジさんがお客のTV局のスタッフ(やっぱり普通の市民)に紹介すると、今度はTV局のスタッフも、ヒトラーの言う“トゲ”の部分を、かねてからある自分たちの潜在的は不満を大っぴらに口にしちゃう“笑い”なんだと曲解しちゃうと。
 結局、これは絶対ウケると、ヒトラーはコメディアンとしてデビューしちゃうわけです。

 とはいえ、コメディアンと言っても、言ってることは全くヒトラー(笑)
 でも、スタンドのオヤジさんが善意に基づいて曲解しちゃったように、TV局のスタッフが自分たちにあった潜在的な不満を言ってしまう可笑し味に、しかもそれがあの“ヒトラーのそっくりさん”が言っちゃうという可笑しさに、現代の普通の一般市民、特にユーチューブなんかを楽しんでる若者層にバカウケしちゃうと(笑)

 そのヒトラーの“マジ”を現在の恵まれた社会で暮らしている市民たちが無意識に相手を理解しようという善意に基づいて“曲解”しちゃう流れがミョーにニヤニヤしちゃうんですね。
 それが端的に表しているのが、TV局のスタッフが「ユダヤ人ネタは(シャレにならないから)やめてね」と言うと、ヒトラーは「もちろん。ユダヤ人はジョークにならない」と返すシーンなんでしょう。
 そして、たぶんそれは(今の経済的に豊かな時代とヒトラーが出てきた経済が最悪だった時代という違いはあるにせよ)あの時代、ヒトラーは何より一般市民にバカウケしたということと重ね合わせているのでしょう。

 そんな風に見ていくと、ヒトラーって、歴史上の人物(政治家?)というよりは、あの時代のポップスターだったのかもしれないなーと思っちゃったり(笑)
 実際、ヒトラーの演説はビアホールでお金払って見られてたんだとか

 そう。マイケル・ジャクソンとかプリンスといったポップスターが人気の絶頂を極めた後、急に変な言動をしたり、変にオタクな方向に突っ走って。
 あげくの果てに(クスリで)寿命を縮めちゃうのと、どこか似てる気がします。
 ポップスター(大物になればなるほど)が一般市民(若者に)にはわかりやすくて、理想的なんだけど、でも実際はダメダメな政治論を歌うという点でも、ミョーにダブりますよね(爆)
 ま、マイケル・ジャクソンやプリンスは政治は語らなかったけどさ

 ヒトラーという人は、人種差別(というかアーリア人種絶対主義?)という絶対に受け入れられない部分はあるにせよ、日本人の私なんかから見るとミョーに憎めない部分もあったりするわけですがー(笑)
 ガミラス帝国とか、ジオンとか。ほら、アナタも好きでしょ?(爆)

 ま、それは子供の頃にドイツ軍の戦車のプラモデルをさんざん作ったとか、例の戦後にドイツ人と出会うと「今度はイタリア抜きでやろうな」と肩を叩かれるという都市伝説とか(笑)
 ウチの親父は昔ドイツ人にそう言われたことがあったとかで「あれってホントだったんだ」と驚いてたっけ

 あとは、そもそもは英仏とドイツ帝国の植民地争いに根本があるわけだよね?みたいな、英仏やアメリカ、さらにはロシアといった連合国(中華人民共和国も連合国なの?)への不信感からくるドイツへの同情みたいなものがあるんでしょうけどねー。

 それはありつつ、この本を読んでいると主人公のヒトラー(ちなみに全て現代に現れたヒトラーのモノローグになっている)にミョーに肩入れしちゃうのが面白いところですね。
 もちろん、人種差別(アーリア人種絶対主義)的な語りには絶対同調しないんですけどね。
 そこはアジアの雑種たる日本民族なんでー(爆)

 ただ、(この本のヒトラーはフィクションですが)あー、ヒトラーって、無茶苦茶真面目な人だったんだなー。こういう真面目さっていうのは、今の政治家にはいないのかもしれないなー。特に日本の政治家だと皆無なんじゃない?と思っちゃうところとか。
 あと、ヒトラーが既存の政党の党首(実在の人らしい)2人と話をして、2人の政治に対する欺瞞とか不真面目さをこてんぱんに叩いちゃうところとかに(水戸黄門的な痛快さ)を感じちゃうからでしょうね(笑)
 いやはや。そーいう意味じゃ、フィクションとはいえヒトラーの言動に酔っちゃってるわけで、そこはちょっとコワいかも?(爆)

 とはいえ、これはあくまで「ヒトラーの再考」本なわけですよ。
 つまり、作者がラストを“「悪いことばかりじゃなかった」。歩き出すのだ。このスローガンとともに”というヒトラーのモノローグで終わらせているように。
 この本のヒトラーに共感しちゃってる自分に「ちょっとコワいかも?」という、「ヒトラー=絶対悪」に基づく感想を述べてしまうのは、あの時代にヒトラーの演説に酔った人たちがあのようなことをやってしまったのと同じということだと思うんですよね。
 そこんとこは結構大事なコトのよーな気がする

 この本を単純に言っちゃうと、現在のドイツにヒトラーが現れた(タイムスリップした)ら、ヒトラーは何を思うのか?何をするのか?ということになるんでしょうけどね。
 ただ、それを期待して読んじゃうと、なんかビミョーに違うんですよ。
 実際、映画の予告編を見た時はそれを期待した

 そういうトコを見ても、作者の意図はあくまで「ヒトラーの再考」なのだと思いますね。
 (たぶん)現在のドイツ人に流通している「ヒトラー=絶対悪という思想」を絶対的に信じ混んじゃっていることは、逆にあの時代のヒトラーを国民が絶対的に称賛したのと同じ構造で。
 具体的にヒトラーの何が悪くて、さらに何は良かったという風に改めて整理しなさいよ。じゃないと同じ轍を踏むよ、ということを言いたいのかなーと(笑)

 つまり、第三帝国によるヨーロッパ支配は失敗したけど、でも、「EU」の名の下でドイツ(の価値観)がヨーロッパを支配しつつあるこの時代。
 ですよね?(爆)

 作者は、イギリス(人)がEUにどこか胡散臭さを感じて、EUを離れる決断をしたように、浮かれていると(ドイツは)また足をすくわれるよ、と言いたいんだったりして(笑)



 ヒトラーというのは、基本的には真面目で善意に基づく人、つまりどこにでもいる小市民だったように思いますね。
 ただ、芸術を志しただけあって、変な美意識があったのと。あとは、なんと言っても時代が悪かった。悪すぎた。
 欧米の列強かアジアやアフリカを植民地として蚕食するのが正義だったり、蚕食する植民地をめぐって列強が戦争するのが普通という時代(の第一次大戦で敗戦したドイツに)生まれ育ったことで、挫折や鬱屈が変な美意識を醸成させていったみたいなとこがあったんじゃないでしょうか。
 そう考えると、ヒトラーといえども、あの時代が次の時代をつくるために踊らされたという面も相当あったように思いますね。
 それこそ今の時代にヒトラーが生まれ育ったとしたら、クソ真面目でちょっと付き合いにくいとこもあるけど、でもまぁフツーのオジサンとして普通に暮らしてるんじゃないでしょうか?

 『帰ってきたヒトラー』は、現代に現れたヒトラーが人気コメディアンになって。その後、意外な事件が起きたところで唐突に終わります。
 作者がそこで終えたのは、まぁそこで終えて。読んだ人がそれぞれその後のヒトラーの活躍を想像した方が面白いと思った(本の売り上げが上がるwww)からなのでしょう。
 ある人は、政界に進出したヒトラーがまたかつてのようなことをする暗黒を想像して楽しみ。ある人は、ヒトラーというのはバカじゃないんだから、今の時代ならむしろ既存の政治家より良い政治家になるんじゃないだろうかと想像して楽しむ…。
 ね、その方が面白いでしょ?みたいな(笑)

 そういう意味じゃ、じゃぁヒトラーが現れたのがドイツではなくて、この日本だったら?と思っちゃうわけです。
 ま、ヒトラー本人はアーリア人絶対主義なわけで、アジア人の雑種にすぎない日本人の国で暮らすなんてウンザリでしかないでしょうけどね(爆)
 ただまぁヒトラーがその気になったら、真面目で善意に基づく人が多く、さらにそれらの人の多くが今の世の中に不満を抱えている今の日本(人)は相当ヤバイのかもなーなんて。

 例の秋葉原の事件みたいな「生きてたくないけど自殺するのは怖いから大きな事件を起こして死刑になりたい」みたいな人が起こす事件はあれからも結構起きてるわけです(もちろんその前からも)。
 そういう気持ちがある潜在的な人も相当数いるはずですよね。
 それらの人がヒトラーの演説によって鬱憤の矛先(不満を起こしている正体)を見つけてしまったらどうなるのか?
 実際、今の普通の日本人なら誰しも、漠然とながらもその矛先(不満を起こしている正体)が何なのか知っているわけじゃないですか。さらには、ヒトラーが持っていたような変な美意識も今の日本人の多くが共有しているわけです。

 いや。正体といっても、それは“わかりやすい正体”にすぎず、ホントにホントの正体(原因)は、私たち日本人そのもののなんでしょうけどね。
 ただ、(それが自分たちであるだけに)不満の矛先を向けられなにがゆえに、“わかりやすい正体”に不満の矛先を向けちゃう(かもしれない)構造というのは、あの時代、ドイツがユダヤ人に矛先を向けたのと全く同じなわけです。

 そう考えると、ヒトラーが帰ってきたら、今の(いろいろ上手くいっている)ドイツは大して変わらないけど。
 今の日本だと、たちまちヒトラー一色に染まっちゃって。
 朝の挨拶が「ジーク、ハイル!」
 なぁ~んて(笑)
 誰です? ジオンみたいでカッコイイじゃん!なんて言ってる人は?(爆)



  

       いや。これでこれって、いくらなんでも短絡的だとは思ったんだけどさー(爆)



スポンサーサイト
Comment:8  Trackback:0
2018
02.25

メロンパンの都市伝説?


 世の中、オリンピック、オリンピックで、もぉウンザリな毎日ですけどwww、そんな私でも木曜日、アルペン男子SLが国会中継に変わってたのは思わず怒髪天でしたね(笑)

 日本の政治家っちゅーうんは、政治家の失政による国民の最良のガス抜きはスポーツイベントだという政治の基本中の基本も知らないのでしょうか? (爆)
 ていうか、失政といえば、裁量労働制を巡るデータの話はあまりにデタラメすぎで。
 このままだと、憲法改正という本丸を攻める前に、安倍軍は敗走しちゃったりして?(笑)
 まぁなんつーか、石橋叩いても渡らない(渡れない?)政治家はちょっとダメかなー。



 って、まぁそんな話はともかく。
 ウチで、なぜかパーティーをすることになって。
 いや。もちろん夢での話なんですけど、いろんなおばさんやらおねーさんやらが料理作ったり、その料理をテーブルに並べたりしてるわけです。
 そんな様々な料理が並べられたテーブルの上と見ていると。
 なんと!土曜日、スーパーで買ってきた4個で138円のメロンパンが!
 えーっ!コレ、あとで食べようと楽しみにしてたヤツだったのにー!
 と悔しがってたところで目が覚めた、と。
 もちろん、138円のメロンパンも無事(4つとも)で、あー、よかった!って、どんだけケチなんだか(笑)


 メロンパンといえば、子供の頃に“エリザベス女王はメロンパンが大好き”という話を聞いたことがあるんですよ。
 いや、なんでも。
 エリザベス女王が来日した時に、食後のスィーツがなくて。
 シェフ(当時はコック長?)がたまたまあったメロンパンを「これはどうだ?」って出したら、エリザベス女王は大いに気に入っちゃって。
 それ以降、毎日メロンパンを出したっていうことなんですけどねー。

 とはいえ、今、ネットを見てもそんな話、どこにも出てないですよね(爆)
 それどころか、前にメロンパンについて書かれた本を読んだことがあるんですけど、そこにもなかったと。

 ていうか。
 エリザベス女王が来日となったら、当然国賓でしょうからね。
 国賓にメロンパンを出すかぁ~!?というそもそもの疑問がありますよね。
 ただ、恐らく伝統的英国の味覚の持ち主と思われるエリザベス女王だったらメロンパンの味がわかるような気がする……、じゃぁ~ないですか!(笑)

 はたして、エリザベス女王はメロンパンが好きなのか、好きじゃないのか?
 そんな、メロンパンにまつわる都市伝説。
 というか、私しか知らないから、個人伝説?(笑)


 そんなわけで、メロンパンは4つとも私がいただきます(爆)



Comment:4  Trackback:0
2018
02.18

キッカリ30分とは恐れ入りました(というか、呆れたwww)


 オリンピックは全っ然興味ない私ですが、アルペンスキーだけは別です(笑)
 アルペン競技の放送、前回は全然なかったように記憶してたんですけど、今回はそこそこあって。
 いや。ウレシイ誤算なんですけど、ただまぁ男子はほとんどなくて女子が比較的多いようで、もしかしたらら、日本人が出ている競技は放送するけど、出てない競技はしないってことなのかな?
 男子もまぁ出てるのは出てるらしいんだけどなー。でもまぁやっぱりあれですかね。最近のニッポンのオトコは、アルペンスキーなんて流行んないモンに興味示さなくて、選手もあまりいないってことなのかな?(笑)

 いやはや、アルペン競技の放送なんて久しぶりに見たー!って感じなんですけど、しっかしそういう意味じゃ、こんなに真剣にTVを見たのも久しぶりだー!って感じです(笑)
 いやもぉTVを見る時の姿勢からして違いますもんね。
 頭を低く、顔を前に突き出しちゃって(笑)
 いい滑りやカッコイイ滑りがあると、戻して何度も見ちゃったり。
 あげくの果てには、しばらく穿いてないスキーブーツを持ってきて穿いちゃったり(爆)
 それでも足りなくて、板も持ってきちゃってビンディングにガッチャン!なんて。
 手にはストックを持って、TVで滑ってる選手の滑りを真似たり、いやはや。おかげで全然見終りゃしねぇー(爆)
 ていうか、何だかやたら疲れました(笑)


 そんなオリンピックですけど、今朝のNHKのニュースにはほとほと呆れました。
 というのも、7時に始まるなり、キッカリ30分。7時半までずっと昨日のフィギャアスケートの結果(ちなみに7:34までオリンピック関連)。
 昨日って、そんなにニュースなかったのかよ!(爆) 
 
 NHKていうのはニュース(世の出来事を知らせる)をやるのが義務なんじゃないのぉ~。
 みんなが見て心地いいニュースだけ知らせてるだけなら、ある意味戦時中の大本営発表とかわんねーじゃん(爆)
 こんなんなら、みんなが受信料をわざわざ払ってNHKを維持する意味、全然ないと思うな。
 みんな、受信料なんて払うの即刻やめて。その分を消費に回した方が景気よくなってハッピーなんじゃね? ←最後はイントネーション上げて読むこと(笑)


 NHKといえば、今朝も北朝鮮の微笑み外交にごまかされるな、なんてかんかんがくがくやってましたけど、大丈夫ですって。
 北朝鮮の一連の存在誇示は、韓国が米韓合同軍事演習やるんでシャクに障るからやるんであって。
 オリンピックとパラリンピックという、北朝鮮に妨害されると困るイベントが終われば、韓国政府はたちまち合同軍事演習再開しちゃって。後は、またお決まりのように北朝鮮がワイワイ騒ぎだすことにになると決まってるんですから。

 北朝鮮は北朝鮮で、現体制のまま国際社会(特に西側国家)の仲間入りしたいだけだし。韓国政府は韓国政府で、北朝鮮の一連の威嚇行動を自分の国が有利になるように利用してるだけの話でしょ(笑)
 現に2、3年前、日本が北朝鮮と拉致問題について協議してた時、日米韓の連携にヒビが入るとかさんざん非難してたじゃん(爆)

 もはや、朝鮮戦争の頃や冷戦時代じゃないわけで。
 ま、核武装や大陸間弾道弾みたいな問題はともかく、要は日本を含め、国際社会が現体制のまま北朝鮮を認めてあげれればいいんだよ。
 独裁体制で人道的問題があるとかなんとかってっていうのもあるけど、それは北朝鮮の問題でしょ。北朝鮮の国民自身がなんとかすることだと思う。


 って、まぁオリンピックからずいぶん外れちゃったけど、とにかくニッポン人はNHKをなんとかするべきだと思う(爆)
 ていうか、とりあえずアルペンスキーの人気をなんとか復活させたい!(笑)
 あ、でも、あれか。ゲレンデが混むのはイヤだから、別に今のままでいーや!www



 



Comment:4  Trackback:0
2018
02.12

インフルエンザの歌(笑)


 今週、ぼぉーっとしてたら、歌が出来ました。
 インフルエンザの歌(爆)
 キラキラ星のメロディーです。

 ♪インフル インフル リトルスター
  ハワユ エンザ わっ!かかっちまったー


 なんと言うか、アホバカですね(笑)
 もしかして、これがインフルエンザ脳症ってヤツ?


 こんなアホバカですが、アホバカなりに教訓もあります。
 インフルエンザの流行している時、ついさっきまで普通の状態だったのにいきなり熱が上がったら、ともかく医者に行くこと!
 ヘロヘロ状態でも、フラフラ状態でも、とにかく這ってでも医者に行くこと!

 いや、バカで(泣)
 急に熱が上がった夜の次の日、医者に行かなかったんです。
 だって、その日はいつも行く医者は休みだったし、そもそもヘロヘロ状態で、とにかく寝てたかったんだもん。
 そんなわけで、2日後に医者に行って、インフルエンザ陽性と出た時は「遅い」と言われちゃいましたよ。

 インフルエンザの検査は発症して12時間経たないと陽性にならないらしいんですけど、とはいえ時間が経てば経つほどインフルエンザウィルスが増えちゃうと。
 増えれば、増えるほど体へのダメージが大きくなるので、増える前に抗インフルエンザ薬を飲めば、それだけ体への負担が軽くなるわけ。

 いや、私。秘かに感染症オタクを自認してたんだけど、それ、忘れてましたよ(笑)
 一番罹りやすくて、ある意味一番怖いインフルエンザのそんな基本的なコトを忘れてたなんて……。


 それと!今回初めて飲んだ、抗インフルエンザ薬の「イナビル」。
 あれは、初めて飲む(ていうか、吸う)人はわかりにくい!
 いや、もちろん。薬局の人だったり医者だったりが説明してくれるんですけど、それでもビ・ミョーにわかりにくい!

 最初に右側(左側だったっけ?)を押して、吸って。
 テーブルの上に置いて、コンコンしてから(残っている薬がある可能性があるんだとか)、もう一度吸う。
 次に、今度は左側(右側だったっけ?)を押して、同じように吸って終わり(一度吸ってから、コンコンして、もう一度吸う)なんですけどね。

 そんな初めて飲む(吸う)薬、どんなもん(味)がどれだけの量出てくるかわからないじゃないですか。
 だから、どうしたって恐る恐る吸っちゃう部分があるわけですね。

 それと、私の場合、一回目に吸った後に(思わず逆に)吹いちゃったんですよ。
 そしたら、当然プハーと薬が逆流(泣笑)

 イナビルって、一回こっきりなんですよね。
 一回吸えば効くらしいんですけど、逆に言えば、その一回をちゃんと吸えないと効果ない(薄れる)ってことじゃないですか。
 「一回こっきりの薬」だってことは、先に教えてほしかったなぁ~(泣)
 現に、4回目に医者に行った時、医者も言ってましたっけ。
「イナビル、ちゃんと吸えた?
 あれ、コツがわからなくて、ちゃんと吸えなくて。
 それで効果があまりでないってこと、あるみたいなんだよねぇ~。」


 ま、そんないまだに続くインフルエンザ騒動ですけど、それはともかく(笑)
 ここ何日か、家の中でハエトリグモを見かけるんですけど、アレって、この寒い中、一体何を食べてるんでしょうね?

  ハエトリグモ

 
 ていうか、何を食ってんだろ?もありつつ、この季節に子孫を残すためのパートナーに出逢えるんだろうか?なんて余計な心配しちゃったり(笑)
 ていうか、ていうか、それを言うなら、この寒い中、どこで生まれたんだろ?って、何か、ちょっと不思議です。


 で、まぁ寒いといえば、今冬はやけに寒いんで。
 マフラーをしたいんですけど、何せどっちかというと暑がりなもんで、いつもの冬だと、マフラーとかしないんですよね。
 そんなわけでマフラーが、どこにあるかわからないと(笑)

 マフラーって。ほとんどしないくせして、たぶん4本あるはずなんだけど、そのどれも見つからないんですよねー。
 ていうか、ほとんどしないからこそ4本あるってことなのかも?www

 絶対あるのに買うのはバカらいし、かといって寒いし。
 まったく、どうしたもんかなーとか思ってる内に暖かくならないかなぁ~(笑)


 で、寒いといえば、懐が寒い系の話で、せん先週末からの世界同時株安で市場関係者が神経を尖らしたということですけど。
 でもね。ハッキリ言って、そんなことに関心を持ってるのは市場関係者、金融関係者、経済評論家だけですって。
 あと、そう言った連中に踊らされてる個人投資家(爆)

 ていうかさ。もぉいいかげん、てめーらの金がちょっと減るだ、増えるだでバカ騒ぎして、景気を冷やして世間に迷惑をかけるのはやめてほしい!
 忘れもしない10年前、無責任な運用で世界中にとんでもない迷惑をかけたの、まさか忘れたわけじゃないですよねぇ~。
 そりゃ、てめーらは金持ってるから誰も文句言わないけど。
 10年前、てめーらのせいで大変な目にあったことは、我々一般庶民、誰一人として忘れてやしないんだから。

 世の中がどうにもならない時、一般庶民が立ち上がって世の中を正すのは、一般庶民の義務。
 いよいよとなったら、一般庶民が文革でも何でもやっちゃうのは歴史が証明してるんだぞ!
 一般庶民なんて、アホバカだから文革でも何でも平気でやっちゃうんだぜ(爆)

 オマエら、その時になって、一般庶民数百人に小突き回されてベソかくなよぉ~~。
 やーい!やーい!(爆)


 って、そうそう。革命といえば、ガンダム(映画のヤツ)見ました。
 見たといっても、まだ2作目の真ん中辺りまでなんですけどね。

 いや、アレって、映画なのにワイド画面じゃないんですね。
 まず、そこにびっくりしました(笑)
 当時、映画館なのにあのサイズで見てたってこと!?

 あと、びっくりっていうか、感心したのは、いやぁ~、よく出来たストーリーだなーって。
 アレって。何でも、最初のTV放映時に視聴率が取れなくて、シャーを外したり、外したら外したで抗議が来たんで、また出したりみたいなことやってたらしいんですけど。
 そんな紆余曲折の結果のストーリーと全然感じられないだけど!?

 ていうか、画(絵)がさすがに時代を感じるよなーって(笑)
 アレって、現代の子供はどう感じて見るんでしょうね?
 「認めたくないものだな。若さゆえの過ちってヤツを」なんて、クサイセリフ、現代の子供はどう感じるんでしょう?(笑)
 意外と今はコスプレとかみたいに、(恥ずかしげもなく)なりきっちゃうのが普通の感覚なんで(爆)
 あの手のクサイセリフって、意外とフツーに受け止められてたりして。

 ていうか、ていうか。
 今さら見てみて、「あの失敗って、若さゆえとか、そういう原因の失敗?」とか思っちゃったんですけどね(爆)
 とはいえ、アレ、(設定とか用語とか)あの時代によく作ったなーと、結構しみじみ感心しちゃいましたとさ。
 めでたし、めでたし(笑)




Comment:1  Trackback:0
2018
02.04

雪のヤロー、また降りやがった(笑)


 今週(金曜日)も雪が降りやがりましたね。
 雪って、子供の頃は“降ってほしい”ものだったのになー。
 齢をとるにしたがって、“降りやがる”ものになっちゃうのが面白いです。
 ただ、今回の雪は降ったことで前の雪も溶かしてくれたみたいなとこがあって。次の日凍ることもなかったので、そこはよかったかな(笑)

 ていうか、木曜(金曜)の夜中、1時くらいに外を見た時はかすかに雨が降ってる?くらいだったんで。
 あー、これはこの辺は雨で終わりかもなーとか思ってたのに、朝起きたら、近所の家の屋根が白くなってたんで、ちょっとビックリでした。


 凍るといえば、むしろ恐怖だったのは月曜から火曜の夜にかけてかすかに降った雨ですね。
 次の日、降った雨がアスファルトの上で薄ぅーく凍っていて怖いくらいでした。
 一見、アスファルトが濡れてるようにしか見えないんですよね。
 ところが、そこに一歩足を踏み入れようものなら、ツルン!ツルン!
 いやもぉどこにも体重かけられないくらいで。
 あれはホント恐ろしかったです。

 そんなわけで、思わず最近密かに話題の靴に取り付けるスパイク状の滑り止めとか検索しちゃったんですけど。
 でも、見ていたら、こういうのって、ゴムの部分がいつの間にか劣化しちゃうから逆に危ないかも?と思ってやめちゃいましたね(笑)
 ていうか、靴の滑り止めより、滑りにくい靴を買った方がいいと思いましたね。


 でもってー。
 滑るといえば、なんでも、もうすぐオンピックリをやるとかで。
 とはいえ、オンピックリとか全っ然興味ないんで(笑)
 だって、誰かが勝って、誰かが負けるという結果はわかりきってることなわけでー。ある意味、常に予定調和で話が進んでいくハリウッド映画と全く同じだと思うんですよ。

 そんなどーでもいいオンピックリですけど、いいとこもあるんですね。
 それは、オンピックリ放送でいつも見ている番組がなくなるから、HDレコーダーの残量に追われて録画した番組を見なくていいこと(爆)

 そんなわけで、この機会に面白そうなDVDでも借りちゃおうかと最近いろいろ物色中だったりします。
 いまんとこ、今さらガンダム見たいかなーって(^^;
 一つは、インフルエンザ(とそれに続く風邪)の時、ふと見たくなったのと。
 あと、そういえば最初のガンダムの映画(3部作のヤツ)って、見たことなかったなーって。

 そんなわけで、オリンピック中。DVDの興奮冷めやらず、ブログで「パイルダー・オン!」とか叫んじゃうかもしれませんけど、その時はよろしく(笑)
 ていうか、パイルダー・オン!は違うヤツでしたね(爆)
 ガンダムは合体の時、何て叫んでたんだろ?


 で、まぁまた話は全然変わるわけですけど、最近はヴァレンタインディが近いということで、スーパーやドラッグストアで年に一度のチョコレートの安売り(といっても10円、20円安いくらい)をしてますね。
 そんなわけで先週は私が好きなガーナブラックとガーナミルクをそれぞれ何枚ずつか買ったわけですが、まぁ何枚か食べちゃったんで(笑)
 安いうちに買い足しておこうかと、またその店にいったんですけど、なんと!
 ガーナブラックとガーナミルクのところだけ一枚もない!
 つまり、売り切れ!
 ガーン……。

 とはいえ。
 例年だと、この季節はアーモンドチョコレートも安くなるんですよね。
 というわけで、気持ちを入れ替えてそっちを見たら、なんと!
 安売りしてない。
 つまり、値段は全くいつも通り!
 ガーン……。

 そんなわけでダブルショックだったわけですが、つまり、これはバカなオンナどもが「ヴァレンタインといったら絶対手作りチョコよね」とばかり、材料としてガーナブラックとガーナミルクを買い占めたってことなんだろうと(爆)

 まぁ確かにね。世の(バカな)オトコどもはヴァレンタインディにチョコレートを貰えるのを楽しみにしています。
 でもね。ハッキリ言いますけど、100円の板チョコを溶かして作った、いわゆる「手作りチョコ」が欲しいなんて思ってるヤツ、絶対いませんって(笑)
 たとえ、それが大好きな彼女が心を込めて作ってくれたものであろうと…、
 でしょ?(爆)

 だって、そりゃそうでしょう?
 素人が100円の板チョコ溶かしてハート形に成型しなおしたチョコレートなんて、ウマくないに決まってるもん(爆)
 それよりは、ゴディバだのなんだらパティシエ(ショコラティエかwww)が作ったチョコレートの方が食ってウマイ分、数億倍ウレシイというものです。
 ていうか、女性だって、もらう側だったら絶対そう思うでしょう?
 ホワイトディって、その前一時期だけクッキーディとか言われたこともあったわけですけど、ヴァレンタインディのお返しにって、男が焼いたクッキー(絶対マズイと決まってる)を貰ったらイヤでしょう?(爆)
 そんなもん、イヌも食いませんよ!

 ていうか、ていうか、オトコは、どーせ1か月後にはその何倍ものお金を使って返さなきゃならないわけです。
 それを考えても安い手作りチョコなんて、作った本人の前でウマくもないのに(ていうか、ぶっちゃけちょーマズイ!)のに「ウマイ。うん。愛してるよ」なんて。「手作りチョコ=自分の愛の証」と思い込んでるバカなオンナの興に合わせなきゃならないだけバカらしくってやってられないと言うもんですって(笑)

 そもそもね、チョコレートを溶かして成型しなおすという行為は、どんなに無駄なくやっても溶かす容器や溶かしたチョコレートを取る器具、さらには成型の枠にもチョコレートがつくということです。
 それは絶対無駄なわけです。
 チョコレートの材料であるカカオは今や世界的に需要があって高いわけです。つまり貴重品なわけですよ。
 そんな貴重なチョコレートをアホバカな自分の興(マズイ手作りチョコ)のために使うのは今すぐやめて。
 素直にゴディバだのなんだらショコラティエが作ったちょーウマいチョコレートを買った方が貰った方は大喜びだし。
 貰った方が喜んでくれるなら、あげた方もウレシイってもんです。
 さらには、それを売ったゴディバだのなんだらショコラティエもお金が儲かって、ウハウハ大喜びというものだと思うんですけどねー。

 いえいえ。
 ヴァレンタインディに手作りチョコを貰えないから、そんなこと言ってるんじゃないですよ(爆)
 確かに私はガーナブラックとガーナミルクが大好きですけど、それは100円以下買えてあの味だからであって。もし、チョコレートにいくらでもお金をつぎ込んでいいなら、普段からゴディバだのなんだらショコラティエのチョコレート食べますもん(笑)
 ちなみにですけど、個人的にはマキシム・ド・パリのチョコレート菓子(赤い缶じゃなくて、黒い缶の方)がスっゴク好きだったりするんですけどなぁ~(爆)



Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。